導入事例:株式会社りそなホールディングス

りそなホールディングス
商号 株式会社りそなホールディングス (Resona Holdings, Inc.)
本社 東京本社
東京都江東区木場1丁目5番65号 深川ギャザリア W2棟

大阪本社
大阪市中央区備後町2丁目2番1号
経常収益 8,236億円(2021年3月期・連結)
連結子会社数 29社(2021年3月期・連結)
主要子会社 株式会社りそな銀行
株式会社埼玉りそな銀行
株式会社関西みらいフィナンシャルグループ
株式会社関西みらい銀行
株式会社みなと銀行
事業目的
銀行持株会社として、次の業務を営むことを目的とする。

1.当会社の属する銀行持株会社グループの経営管理およびこれに付帯または関連する一切の業務
2.前号の業務のほか、銀行法により銀行持株会社が行うことのできる業務

resonaイメージ1

りそなホールディングス様はりそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行、みなと銀行の4行をグループ会社に有し、
りそなグループの管理機能を担う純粋持株会社です。

りそなグループは首都圏と関西圏を中心に826の有人店舗を有し、(2021年3月末時点)りそな銀行は国内最大の信託
併営銀行として、りそなグループの中枢を担っています。

2017年に中間持株会社の関西みらいフィナンシャルグループを設立し、関西圏の事業基盤とネットワークはより強固なものとなりました。

2021年4月に完全子会社化し、グループシナジーの更なる強化が見込まれます。

りそなグループは今後も豊富な有人店舗網とネットワークを活用し、幅広いサービスを提供し続けます。

導入システム 連結会計システム「BTrex連結会計」


りそなホールディングス様へご訪問させていただき、オンラインミーティングも併用し
東京・大阪のご担当者様からお話しをお聞きする機会をいただきました。

当導入事例は2022年3月時点の公表情報をもとに作成しております

グループ経営の更なる強化を目指す

--- 運用方針と決算業務を整理し、連結経営管理の強化を図る

りそなHD財務部 グループリーダー様:

関西みらいフィナンシャルグループの設立から関西アーバン銀行と近畿大阪銀行の合併を経て関西みらい銀行が
誕生するなど2017年以降、りそなグループは大きな変革期を迎えました。

再編に伴い連結決算の仕組みを強化することは、りそなグループの対処すべき課題の一つとなっていました。
resonaイメージ2

ビジネストラスト:

その一環で連結会計システムの見直しをされたのですね。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

そうです。当社では従来から連結会計システムを使用し、
りそなホールディングスをはじめ、傘下にある複数の連結グループの
連結財務諸表を作成していました。

組織図

りそなHD財務部 グループリーダー様:

各グループにおいて使用していた連結会計システムは同じであったものの、
勘定科目体系やシステムの運用方針はグループ間でバラバラでした。

りそなHD財務部 K様:

連結会計システム間のネットワークも分断されていたため、システム間の連携は困難でした。

そのため、子銀行にはりそなホールディングスが配布するExcelの連結パッケージへ、
連結ベースの数値を入力・報告をしてもらう必要がありました。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

関西みらい銀行とみなと銀行も複数の子会社を有しております。

各グループの連結財務諸表の作成とりそなホールディングスへ提出する連結パッケージの入力は
非常にタイトなスケジュールのなかで行っておりました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

関西みらいフィナンシャルグループをはじめとした大きな再編は、連結決算の仕組みを整理・効率化させ、
グループ経営の更なる強化を図る一つのきっかけとなりました。

--- 機能・コスト・実績を総合的に評価

ビジネストラスト:

当社へお越し頂きBTrex連結会計(以下、BTrex)をご紹介させていただきました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

当時使用していたシステムを継続することも選択肢に加えつつ、複数のシステム会社からお話をお聞きしました。

ビジネストラスト:

東京と大阪へそれぞれご訪問のうえ、製品紹介をさせていただきました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

操作・機能面の評価は実務担当者から広く意見を取り入れました。

そのほか、コスト面や銀行業における実績などを総合的に勘案してBTrexへリプレイスすることを決定しました。

サブ連結とフラット連結を併用

--- 関西みらいフィナンシャルグループのサブ連結は段階連結を採用

resonaイメージ4

ビジネストラスト:

現在のご利用範囲を確認させてください。

りそなHD財務部 K様:

複雑な設定・運用を回避するため、BTrexを基準に運用方針を整理しました。

旧システムでは利用できていなかった範囲もBTrexにのせる
ことで、従前と比べシステム利用範囲は広くなりました。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

銀行決算特有の損益項目である業務粗利益や業務純益などもBTrexで確認しております。

連結財務諸表の数値に加えて、連結ベースの経営報告資料などもBTrexから取得することができます。

Excelで二次加工に要する工数が削減されました。

ビジネストラスト:

関西みらいフィナンシャルグループは従来からサブ連結(※1)を実施されていますね。

 ※1当導入事例において、サブ連結とフラット連結の定義は以下になります。

  サブ連結:子会社を頂点とする連結財務諸表を作成すること

  フラット連結:孫会社も子会社と並列に扱い、親会社と子会社・孫会社をそれぞれ同じように連結処理を行うこと

りそなHD財務部 O様:

サブ連結を継続するか、りそなホールディングスですべての子会社を連結するフラット連結方式へ移行するか
検討しました。

フラット連結方式だとりそなホールディングスの連結財務諸表が完成しないと関西みらいフィナンシャルグループやその子銀行の連結財務諸表を作成することが出来ません。

連結決算作業を並行して行えるようにするため、関西みらいフィナンシャルグループではサブ連結を継続することとしました。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

関西みらいフィナンシャルグループには段階連結(※2)を行っており、関西みらい銀行とみなと銀行でそれぞれ行ったサブ連結の結果を取り込んでいます。Excelで二次加工に要する工数が削減されました。

各銀行のサブ連結の結果を関西みらいフィナンシャルグループの連結へ反映させる際もシステム間で連携することで取込み等の作業が削減できています。

 ※2当導入事例において、段階連結と範囲連結の定義は以下になります。

  段階連結:サブ連結で作成した子孫会社の連結財務諸表を持ち上げ、親会社で連結決算を行うこと

       孫会社連結→子会社連結→親会社連結といったように段階的に連結を行う

  範囲連結:親会社で作成した連結財務諸表から、一部の数値を切り離して子孫会社の連結財務諸表を作成すること

       親会社連結→子会社連結→孫会社連結のように次なる連結へ範囲を絞って連結を行う

--- りそな銀行と埼玉りそな銀行はフラット連結を採用

ビジネストラスト:

りそな銀行など、りそなホールディングス直下の連結財務諸表はいかがでしょうか?

りそなHD財務部 K様:

りそな銀行の連結財務諸表はりそなホールディングスの連結から関連する仕訳等を切り出すことで
作成しております。(範囲連結)

りそな銀行はりそなホールディングスの100%子会社のため、連結上起票すべき仕訳の多くが
りそなホールディングスの連結と重複します。

BTrexの範囲連結機能を使用することで、自動的に必要となる仕訳等を抽出・切り出してくれるため、
作業工数は大幅に削減されました。

私見もありますが、BTrexの導入によって一番業務量を削減できたのは、子銀行の連結決算だと思います。

resonaイメージ5

ビジネストラスト:

2021年12月期から埼玉りそな銀行も連結財務諸表を作成されることになりました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

埼玉りそな銀行は従来子会社を有しておらず、連結決算は
実施していませんでしたが、2021年10月に子会社として
(株)地域デザインラボさいたまを設立しました。
そのため、埼玉りそな銀行を頂点とする連結財務諸表を
作成することが必要になりました。BTrex導入後、初めて追加された連結グループでしたが、りそな銀行で使用している範囲連結機能を埼玉りそな銀行へ展開することで負荷なくBTrexへのせることが出来ました。

--- 孫・ひ孫会社はサブ連結とフラット連結の双方を管理

ビジネストラスト:

制度決算(※3)は関西みらいフィナンシャルグループをサブ連結方式で取り込んでいますが、
社内管理用としてフラット連結方式で連結財務諸表を作成されております。

 ※3当導入事例において、制度決算の定義は以下になります。

  制度決算:金融商品取引法に基づく四半期報告書及び有価証券報告書へ記載する連結財務諸表等の作成を指す

りそなHD財務部 グループリーダー様:

銀行や関西みらいフィナンシャルグループは連結ベースで業績評価を行っているため、サブ連結の結果が
必要となります。しかし、サブ連結を段階連結で作成していると、りそなホールディングスから孫会社・ひ孫会社の数値を確認することができません。

関西みらい銀行やみなと銀行のすべての子会社を、りそなホールディングスでフラット連結することで、末端の
子会社まで一覧で見ることができます。

すべての子会社をフラット連結にする場合も、BTrexが自動で行ってくれます。

子会社の業績を一覧にまとめた帳票を作成する際に大変重宝しております。

運用図

段階的に稼働し、一年ですべての連結グループを稼働

--- ジョブローテーションにも貢献

ビジネストラスト:

導入先が東京と大阪の2拠点だったため、当社も東京・大阪共同でPJメンバーを組みました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

当社は東京と大阪にそれぞれ管理機能を持たせ、りそなホールディングスは東京管轄、
関西みらいフィナンシャルグループは大阪管轄で管理しております。

ビジネストラスト様でも東京・大阪間で連携がなされ、当初スケジュールから遅滞なく
導入を終えることができました。

5連結グループを随時稼働させ、2020年9月に関西みらい銀行を、2021年3月には全ての
連結グループを稼働させました。

resonaイメージ7

導入開始から1年弱の期間で移行を終えることができました。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

ビジネストラスト様は銀行業の連結決算に非常に長けており、大変助かりました。

事例なども織り込みつつ、実務に沿ったアドバイスを多々いただきました。

りそなHD財務部 K様:

データ移行から操作指導まで丁寧にご対応いただけました。

操作指導時に都度いただける議事録等は非常に細かく記載されており、
内容等を振り返る際に助かりました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

ジョブローテーションを行い、連結決算を組むことが出来る担当者の育成強化を行っています。

同一システムで複数の連結グループを管理することで、ローテーションにおけるハードルも下がりました。

りそなHD財務部 N様:

BTrexの導入時はりそな銀行の連結決算を担当していましたが、導入後、りそなホールディングスの
連結決算にも従事することになりました。

インターフェースや操作感が同じなことに加えて、連携機能なども優れていたことで引継ぎもスムーズに行うことができました。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

私もローテーションの一環で、別の連結グループを担当することになりました。

複数の連結グループの決算を担当できることは大変貴重な経験だと思います。

--- 監査法人向けの説明にも対応

resonaイメージ8

ビジネストラスト:

導入時に監査法人向けにご説明させていただきました。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

連結会計システムの特性から仕訳等はシステムから
自動生成します。

システムから生成された仕訳について理解し、
説明できなくてはなりません。

説明の場に同席・フォローいただき大変心強かったです。

ビジネストラスト:

有難うございます。

--- 東京・大阪間で連携、担当者に依存しないサポート

ビジネストラスト:

サポート面はいかがでしょうか?

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

対応も早く、親切にご説明いただいています。

帳票の作成アドバイスなどもいただけます。

りそなHD財務部 グループリーダー様:

制度決算の作業中にビジネストラスト様のオンサイトサポートを活用させていただいております。

連結仕訳の整合性などシステム面からのチェック等を中心に行っていただいておりますが、
効率的な運用方法なども適宜アドバイスいただけます。

担当者からは好評を得ています。

関西みらいフィナンシャルグループ財務部 K様:

ジョブローテーションもあり、東京と大阪の連結決算を兼務することもあります。

東京と大阪のどちらの担当者に質問をすれば良いか判断に困ることがありますが、いずれかの担当者でないと回答が出来ないといったこともなく、問い合わせに対してスピーディーに対応いただけます。

サポートセンターも活用させていただいておりますが、特定の担当者に依存せず適宜サポートをいただけることに大変感謝しております。

新たなビジネスにも挑戦し続ける

--- 東京・大阪間で連携、担当者に依存しないサポート

りそなHD財務部 グループリーダー様:

当社は「リテール1」の金融サービスグループを目指し、今後も様々なビジネスに挑戦していきます。

経営陣の意思決定に資する情報を今後も提供し続けていくためにBTrexを活用させていただきます。システム面を中心に更なるご支援をお願いします。

ビジネストラスト:

承知しました。本日は有り難うございました。

全体運用図 再掲運用図

連結会計システムのビジネストラスト HOME

株式会社ビジネストラスト  〒100-0013 東京都千代田区霞が関1-4-2 大同生命霞が関ビル12階 TEL:03-6811-1411(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.