四大監査法人の変遷| 株式会社ビジネストラスト

決算業務ソフトのBUSINESSTRUST sitemap
会計トピックバナー

四大監査法人の変遷

2016年02月04日

グレーライン

新日本有限責任監査法人(E&Y)【1,024】、有限責任監査法人トーマツ(DTT)【969】、有限責任あずさ監査法人(KPMG)【754】、あらた監査法人(PwC)【104】の四大監査法人の歴史(変遷)について余談無しでまとめました。
【 】内の数値は、2015年3月時点の金商法監査クライアント数

  • ■新日本有限責任監査法人(E&Y)【1,024】
  • [元] 太田昭和監査法人(E&Y:アーンスト・アンド・ヤング)
  • 2000年 センチュリー(KPMG)と統合
  • 2001年 新日本監査法人に改称
      ※当時の新日本監査法人は、E&YとKPMGのダブルファーム状態
  • 2003年 KPMG部門が独立してあずさ監査法人を設立
  • 2007年 みすず監査法人(元PwC)からクライアント受け入れ
  • 2008年 新日本有限責任監査法人となる
  • [C]アーンスト・アンド・ヤング・アドバイサリー(株)
    [税]新日本アーンスト・アンド・ヤング税理士法人

  • ■有限責任監査法人トーマツ(DTT)【969】
  • [元] 監査法人トーマツ(DTT:デロイトトウシュトーマツ)
  • 2009年 有限責任監査法人トーマツとなる
  • [C]アビームコンサルティング(株)
    [税]税理士法人トーマツ

  • ■有限責任あずさ監査法人(KPMG)【754】
  • [元] センチュリー監査法人(KPMG)
    [元] 朝日監査法人(AA:アーサーアンダーセン)・・・AA関連情報には先頭に「*」を付す
  • 2000年 太田昭和(E&Y)とセンチュリー(KPMG)が統合して新日本監査法人となる
  • *2002年 エンロン事件によりAA解散、朝日監査法人は翌年KPMGのメンバーファームに加入
      ※AAのコンサル部門は、アクセンチュア(株)として独立後であったため現存できている
  • 2003年 新日本監査法人のKPMG部門が独立してあずさ監査法人を設立
  • 2004年 朝日監査法人(元AA)と合併(あずさ監査法人の名が残る)
  • [C](株)KPMG FAS
    [税]KPMG税理士法人

  • ■あらた監査法人(PwC)【104】
  • [元] 中央監査法人(C&L:クーパース・アンド・ライブランド)
    [元] 青山監査法人(Pw:プライスウォーターハウス)
  • 2000年 中央監査法人(C&L)と青山監査法人(Pw)が合併して中央青山監査法人(PwC)が発足
  • 2006年 一連の不祥事を受けてみすず監査法人に改称
      ※翌2007年にみすず監査法人解散
  • 2006年 PwCが日本法人としてあらた監査法人(PwC)を設立
      ※旧青山監査法人メンバーが中心
  • 2007年 みすず監査法人からクライアント受け入れ
  • [C]プライスウォーターハウスクーパース(株)
    [税]税理士法人プライスウォーターハウスクーパース

    <記号の説明>
    [元]は、6大監査法人時代の母体監査法人
    [C]は、コンサルティング会社
    [税]は、税理士法人

    <参考:昔の8大会計事務所 ・・・ 6大会計事務所 ・・・ 現在(略称)>
    ・アーサーアンダーセン ・・・ アーサーアンダーセン ・・・ 解散
    ・アーサーヤング ・・・ アーンスト&ヤング(E&Y) ・・・ E&Y
    ・アーンスト&ウィニー ・・・ アーンスト&ヤング(E&Y) ・・・ E&Y
    ・プライスウォーターハウス ・・・ プライスウォーターハウス ・・・ PwC
    ・クーパース&ライブランド ・・・ クーパース&ライブランド ・・・ PwC
    ・デロイト・ハスキン&セルズ ・・・ デロイトトウシュトーマツ(DTT) ・・・ DTT
    ・トウシュ・ロス ・・・ デロイトトウシュトーマツ(DTT) ・・・ DTT
    ・ピートマーウィック ・・・ KPMG ・・・ KPMG

    〜 最後に 〜
    筆者自身、大手監査法人の出身ではあるものの、よく間違えそうになってしまいます。
    同じ思いの方も多いのでは?と思い、今回はわかり易くまとめてみました。
    わからなくなったらこちらのページをご参照下さい。



    Written by A.Y

    戻るボタン

    BUSINESSTRUST HOMEPAGE