連結会計用語集:イールド・カーブ| 連結会計システム

決算業務ソフトのBUSINESSTRUST sitemap
連結会計用語集見出し

連結会計 用語集

the glossary of accounting terms

イールド・カーブ
イールド・カーブとは、縦軸を金利・横軸を時間としたグラフに描いた利回り曲線のことで、通常の経済情勢では右肩上がりをしている。
イールドカーブ
現代の企業会計においては退職給付債務の計算や償却原価の当初計算、更には金融商品の時価注記など、様々なところでDCF法が使用されている。
その割引計算で使用する金利としてイールド・カーブまたは単一金利(時間軸をもたない金利)を使用します。
イールド・カーブが対象とする金利は、Libor・Tibor・国債など様々ですが、金融工学上の評価計算では一般に、一年以内にLibor・一年超にSWAP金利を使用します。
インデックスに戻る
【関連用語】
DCF法
  • 資料請求
  • 問い合わせ先

BUSINESSTRUST HOMEPAGE