連結会計用語集

逆取得
株式交換による会社の買収や合併は通常、株式を交付した企業が取得企業、存続会社となるが、そのようにならない場合をこう呼ぶ。
株式交付後の議決権比率の大きい株主の存在する会社の方が、取得企業、実質上の存続会社となるため、この現象が生じるものである。
同様に、結合当事者企業において通常、規模が著しく大きい結合当事者企業が取得企業、実質上の存続会社となる。
インデックスに戻る
【関連用語】

HOME

株式会社ビジネストラスト  〒107-0052 東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階 TEL:03-5575-6100(代表)

Copyright(c) BUSINESSTRUST Inc. All Rights Reserved.