トーセイ株式会社 | 導入事例・ソリューション |【BTrex連結会計】 公式サイト

決算業務ソフト[BTrex連結会計] 決算業務ソフトの株式会社ビジネストラスト
資料請求 問合せ
  • ソリューションメニュー
導入事例・ソリューション見出し

導入事例・ソリューション

the Solutions we provide

トーセイ株式会社

トーセイヤトップ
商号: トーセイ株式会社             本社: 東京都港区虎ノ門四丁目2番3号
資本金: 64億2,139万円(2014年11月期)    売上高: 499億8,156万円(2014年11月期・連結)
従業員数: 243人(2014年11月期・連結)   
事業内容: 不動産流動化事業、不動産開発事業、不動産賃貸事業、不動産ファンド・コンサルティング事業






海外市場への上場を踏まえ、IFRSとJ-GAAPの両基準で連結決算を実施

トーセイ株式会社様に訪問し、決算担当をされている笠原様・歌川様にBTrex導入の経緯などについて聞かせていただきました。

グローバル

−− BTrexを検討・選択された理由は何でしょうか?

笠原様: ポイントとなったのはシンガポール証券取引所への上場が迫っていたということでした。『IFRS対応』を求められ、J-GAAP(日本基準)からIFRSへの調整を行う際に会計処理も含め、どういったことが必要なのか、遡及修正処理などはどのようにシステム対応すれば良いのか等で悩んでいる時期でした。IFRSへ対応された連結決算システムが必要となり、BTrexを導入することとなりました。

−− 導入の効果はいかかでしょう。

歌川様: IFRSへの対応はもちろんなのですが、私の担当している内部取引の消去や未実現利益調整処理の部分は画面も綺麗で見やすいため作業がしやすく、複数担当者で同時作業が可能なので、以前に比べて早く連結決算業務を終えることができるようになりました。IFRSに対応するためスケジュールが以前より厳しくなりましたので、非常に助かりました。

−− BTrexの良い点は何でしょうか?

笠原様: 検証性に優れている点でしょうか。使いやすさや同時作業によっても工数は減っていますが、検証(チェック)や監査にかかる工数軽減効果も大きいと思います。表計算ソフト等で作成した場合、そもそもどのセルにどのような計算式が入っているのか、この金額はどこにリンクされているか、どの金額は貼り付けたものなのかなど確認の作業が必要になりますから。属人的な業務にも限界があります。その点、しっかりとしたアプリケーションを導入しているので、計算ロジック等には安心感があります。あと、キャッシュ・フロー計算書の作成機能が使いやすいと思います。

−− 一般的に、連結決算システムのキャッシュ・フロー作成機能はあまり評判の良くないものが多いようです。

笠原様: 慣れてくると本当に便利です。連結財務諸表で作成したデータをスムーズに取り込め、各社での入力データ等を一覧で確認できますので合算金額に不安を持つこともありません。

歌川様: BTrexはメニュー構成がわかりやすく、会計処理に即したフローで業務を行える点がいいと思います。フローチャート機能もそうですが、そもそもメニュー自体がわかりやすく配置されています。連結会計については、あまり詳しくなかったのですが、BTrexにより、徐々にわかってきた気がします。BTrexの操作方法を学ぶとともに連結会計を学ぶことができました。

−− 導入の契機であった、IFRS対応についてはどうですか?

笠原様: J-GAAPとIFRSの両方が作成できることは当然として、レポート機能によりオリジナルのチェック用精算表を設定しています。各社のJ-GAAP残高、J-GAAP単純合算、J-GAAP連結仕訳、J-GAAP連結残高、個別IFRS調整、連結IFRS調整、IFRS連結残高と、精算表のように並べることができるので、様々な差異を分析できて確認にも便利です。

−− 今後はBTrexをどのように使っていきたいとお考えですか。

笠原様: ちょっとした便利機能がけっこうあるので、さらなる業務効率の改善を図っていきます。また、セグメント別の月次予算実績比較を行っていますが、管理会計データをさらに充実させていきたいですね。

−− 是非ご利用ください。本日はありがとうございました。

  • 資料請求
  • 問い合わせ先
書籍紹介
わかりやすい
キャッシュ・フロー計算書
キャッシュ・フロー計算書
著者:吉木伸彦
価格:\1,890
単行本:222ページ
出版社:税務研究会出版局
書籍一覧はこちら



BTrex連結会計 公式サイト